山の日が祝日になりました

2016年から8月11日には「山の日」が新たな祝日としてできることとなりました。一国民としては祝日が増えることはとてもうれしいですね。海の日に続く山の日ということで登山客も増えるのではないでしょうか?

山の日の名義としては「山に親しむ機会を得て、山の恩恵に感謝する」ということです。山には本当に恩恵を受けていますからね。おいしいお水が飲めるのも山がしっかりと浄化してくれて、さらにミネラル分まで入れてくれます。山からでる湧水というのは何年もかけて地中で浄化されてミネラル分も含まれていきます。

雨が降って山が水を吸収してくれるおかげで洪水などの被害も避けられます。沿う意味では山には本当に感謝しなくちゃいけませんね。人間だけでなく多くの動物も魚も山の恩恵をもらって生きています。

特に日本は島国で山も多いので、山に感謝する日というのは本当に良い試みだと思います。

8月に祝日ができたことで、祝日がない月は6月だけとなるみたいですね。

また祝日も15日から16日に増えます。いろいろと山の日には感謝が必要になりますね。