コーヒー戦争が起きているみたいです。

コンビニでもコーヒーが当たり前に買える時代になりました。

そこでコーヒー戦争なるものが起きているそうです。

もともとのコーヒーが飲める喫茶店やスターバックスなどの系列店。そしてマクドナルドなどのファーストフード店。さらには缶コーヒー業界。

コーヒーを飲む人はとても多く需要も高いので、供給側としては少しでもお客さんを確保すべくいろいろな手を打っているようです。

少し前まではスタバなどが流行っていたのでそういう店に客が自然と集まっていましたが、マックなどのファーストフード店で100円コーヒーなどの提供を開始してからファーストフード店にも客が流れるようになりました。

さらにコンビニで100円コーヒーが気軽に買えるようになったということで、客がまたそちらにも流れ始め、どこもお客さんを呼ぼうと必死になっているといいます。

コンビニコーヒーは1杯100円からと安く飲めるのが特徴ですが、味も本当にこだわっているんだなというのが伝わってくるおいしさです。

ひきたてのコーヒーが100円で飲めるということもあり、1日の売り上げも多く占めているようで、コンビニコーヒーを買うのも当たり前になりました。

われわれ消費者側とすれば、選択肢が多くなるに越したことはないのでどこも頑張っておいしいコーヒーを提供してくれればOK!

競争が激しくなれば価格や味などが良くなると思うので、これからもおいしいコーヒーをより手軽に安く飲めるようになるといいですね!